まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ
-別アーカイブ  [ 2011-10- ] 

<< 前- |  2011-10-  | 翌- >>

奇跡

{なんで運が悪いんだろう・・・なんで俺だけこうなるの・・・}

入院中、常にそう思っていた気がする。

だが、退院後いろいろ振り返ってかんがえて見るとそれは違っていることに気づく。

病気になってしまったのは、もちろん不運。でもあの瀕死の状態からの生還・・・

はっきりいってある意味、運が良かったのかもしれない・・・・

いや、運が良かったのである。

すべて幕開けは会社の健康診断から。運よく急性肝炎が見つかり入院できたのだ。

もし、これがなかったら途中で倒れておそらく死んでいただろう。

急性肝炎の1%がなるといわれる劇症肝炎の発症したのは不運としか思えないが、

そんな中でも内科の先生がこうなることを予想して移植の準備を進めてくれたことや、

ドナーになってくれる人がいたことがさいわいし、緊急の生体肝移植手術することが

できたのだ。

「もし途中で倒れて救急車で運ばれて来ていたら、おそらく助からなかったよ。病気の経過

や血液のデーターなどを観察することができたから、移植の準備ができたんだよ」

内科医が言っていた言葉である。ドナーの父ことだってそうだ。父はおよそ11年前、

交通事故に遭い瀕死のの重傷を負っている。顔面、腕等に骨折はありましたが、

奇跡的にも生還。もし当時、亡くなってでもいたら今回の奇跡はなかった。

また成功率50%といわれていた移植手術が見事に成功したのそうです。

時間はかかりましたが、何とか退院にこぎつけることができました。

そしてこのほかにも奇跡はありました。

それは金銭的な面なのですが、移植費及び移植後の治療費がかからなかったことです。

(食事代・パジャマ代{ドナーの分も含む}等だけの負担のみ。月2万ぐらい)

というのも、劇症肝炎は特定疾患(難病)であるため、特定疾患医療受給者証が交付

されていたので治療費は公費(国や県)で負担でした。移植後、担当医に移植費が

いくらぐらいかかったのか聞いてみると、

「1200万ぐらいかな」

っていわれました。病気のよっては移植費が健康保険適用外で10割負担の場合もある

そうで、ある意味劇症肝炎だったのが不幸中の幸いだったのかも知れません。

そして極めつけは、外来通院の際の診療費や薬代まで。

2010年4月1日から肝臓機能に問題があるかたに障害者手帳が交付の対象になった

おかげで自立支援医療(更生医療)が適用となったため、外来診療費や薬代等の負担が

所得によって上限が設定されるため負担率が軽減されました。

(適用以前は1ヶ月あたり薬代だけで10万以上負担していた人もいたらしいです。)

この2つの制度には、すごくすごく助かりました。

今回の生還は奇跡だったと思う。

不運の中の小さな幸運たちが力を合わせて奇跡を呼んできてくれたのであろう。


人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ