まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ
-別アーカイブ  [ 2011-11- ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

術後187日、ERBD実施

2010年11月25日(術後187日)、病室を後にし看護師と共に内視鏡室へ向かう。

そして到着後は、今回が初めてということで一通りの説明を受け、

早速喉頭部の麻酔開始。

口腔内に注射器にて麻酔注入し、飲み込まないようのどの奥にためて待つこと5分。

最後は紙コップに吐き出して終了。

(麻酔の色は水色でどろどろした感じでまずい。思い出すだけども吐き気全開)

麻酔を吐き出してからはよだれを飲み込むことができず、口からダラダラと

出ていた気がします。

そして数分後、

「パパさん。準備できましたからどうぞ・・・」

{ドキッ、とうとうやってきたか・・・}パパJAPAN初の試合であるため緊張。

ここまできたらまな板の上の鯉状態。言われるがままに治療台(レントゲンの台)へ。

うつ伏せ寝、そして足には血圧計装着。続いて二の腕へ筋肉注射。(胃を広げる注射)

そして口が閉じないようなもの(穴が開いた筒みたいな物)をくわえさせられ

スタンバイ完了。

「それでは始めましょう。注射お願いします」

との掛け声でERBDと戦いがキックオフ。

点滴から鎮静剤投与開始。部屋の電気を薄暗くなるので、うとうとしそうになるのだが・・・

「よし挿入開始するか・・・・」

医師がとんでもなことを言い始めたのだった。(薬が効いて眠ってから挿入するものだと・・)

{おい・・まだ薬効いてないぞ・・もう少し待ってって!こんなの聞いてない・・・}

(必死に訴えたいのだが、口に筒が入っているため言えない)

「うえっ・・うえっ・・・うぉー・・・うぉー

猛烈な吐き気が襲う。そして口から奥へ、そしてさらに奥へと進んでいくのがすごく

わかりました。(胃の辺りが動いているのがわかるんです)

はっきり言って今まで経験したことのない苦しみで過去最強の相手でした。

そして挿入途中にどこかに突っかかったのか、強引にツンツンって突かれたときは、

さすがに引き抜こうと手を口に・・・

がしかし、見事抑えられてしまう。これを見た医師は、看護師へ鎮静剤投与を要求。

そして更なる投与。

それでも必死に叫びながら抵抗し続けていました。(ある意味拷問に近い)

が数分後、ちょっとぐったりし始め、眠くなりはじめる・・・。

だけどなんか変な感じ。

寝ているにもかかわらず、先生たちの会話が少し聞こえる状態。

だけど痛みも苦しみもないとっても不思議な体験をする。





「パパさん終わりましたよ」

と看護師さんの声で目覚めるのだが・・・もうすでに終わっていた。

おそらく1時間ぐらいだったと思う。

そして治療台から起き上がるのだが・・・

ものすごい眠気が・・・ふらふら状態。

ストレッチャーに乗せられ、病室へ帰って行くのでした。

予想以上強い相手、考えていたよりもかなりきつかった。(術後ランキング1位)

見事敗退でした。




人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。