まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ
-別アーカイブ  [ 2012-02- ] 

<< 前- |  2012-02-  | 翌- >>

僕の肝臓

2011年7月25日(術後1年92日)移植1年(3ヶ月遅れ)の肝生検が

行われる。そして夕方、先生が結果の説明にやってきました。

結果・・・

拒絶反応があるとのことで、セルセプトの服用はやめることができないとの

ことでした。とりあえず明日、ステロイドパルス療法を1回実施し、

その後はプレドニンを服用してもらうとのことでした。

ガーン・・・ショックでした・・・

拒絶反応と言えば急性・慢性と2種類ありますね・・・

急性拒絶反応・・・移植1週間から2ヶ月目くらいに最も多く見られ、急に肝臓働き
         が悪くなる。

    症状・・・肝機能障害、黄疸・全身倦怠感・発熱等。

    診断・・・確定診断に肝生検が必要な場合がある。

    治療・・・免疫抑制剤がよく効くので、投与量の増量・ステロイドパルス療法に
         よりほとんどの場合、軽快する。

慢性拒絶反応・・・移植2~3ヶ月以降に起こりくらいに最も多く見られ、緩慢に進行する
         ことが多い。
       
    症状・・・急性と似ているが免疫抑制剤治療に対する反応が鈍くあまり有効
         ではない。

    診断・・・肝生検により胆管の萎縮・消失・胆汁うっ帯などの急性とは異なった様相
         が認められる。

    治療・・・強い免疫抑制剤の投与など行いますが、通常の拒絶治療とは
         反応しにくく、肝硬変に進行することもあり。
         有効な治療法がなければ再移植必要とする場合がある。

簡単に書きましたがこのような違いがあります。

僕は移植から1年以上経過しているので・・・考えるだけでも恐ろしいです。



人気ブログランキングへ

考えてみると、術後1年経過しているのに正常値にならない肝機能など、

疑問があるのでこの際質問してみることに・・・。

拒絶反応については、あまり強くないのであまり心配しなくてもよいとのことでした。

肝機能についてですが、やっぱりドナーの年齢が高いことや、移植された肝臓に若干

肝脂肪がついていた事も関係しているのでは・・・とのことでした。

本来であれば、術前時間があるので肝脂肪等は減らせるみたいなのですが、

僕の場合は緊急手術だっだので、そのような時間がなかったとのことでした。

言われてみれば確かにそうで、仕方がなかったことなんですよね・・。

いつも外来の際先生から、

「よく、あの状況からよくなったね・・・」

とよく言われるので、当時はよほど悪かったのでしょう・・・

ある意味生きているだけでも奇跡か・・・

欲を言えばきりがないけど、ドナーとなって命懸けで僕を救ってくれた

父にはものすごく感謝してます。




拒絶反応・・・僕にとってはすごく怖い言葉です。

さすがに言われたこと結構引きずりましたね・・・

でも考えても仕方がないことで、自分が今できることは、

移植された肝臓を守ることです。(太らない・アルコールの誘惑には負けない)

次の肝生検の予定は移植3年目みたいです・・・

次こそは拒絶反応がありませんように・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2012/02/27 20:41 ] 移植2年目 | TB(0) | CM(14)
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ