まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ICUへ

 2010年5月20日、僕の頭の中に午後からの記憶はない・・・

肝性脳症のにる意識障害の始まりである。

ここからは妻に聞いた話になります。

夕方にはICUへ移動となり、すぐ導尿カテーテルが挿入されたそうです。

その際、すごく痛がっていたらしく、股間が痛いとICU内ですごく叫んでいたみたいで、

すごく恥ずかしかったといっていました。妻の問いかけには反応はなかったみたいです。

そして看護婦の話によると、すごく暴れていたみたいで、手には抑制がされて

いたとのこと。

まさか僕が暴れるんなんて・・・さすがに聞いた時はすごくショックでしたね。

そんな記憶はないし・・・

 そして暴れていた僕も翌日21日には体調が一変、時々吐き気が襲う以外いびきを

かいては寝ているような感じだったみたいです。

この日から、血漿交換療法、接続的血液ろ過透析が行われていたみたいで、

それを行った結果、微動だにしなかった僕が、体を掻いたり寝返りをうつ行為が

見られたそうです。先生いわく、意識障害が少し改善したのではないかとの

ことでした。ただもう限界とのことで、明日(22日)生体肝移植を行うことを先生から告げ

られたそうです。

何とか明日までもってほしい・・・親戚中で祈るようにその日を過ごしたそうです。

そして翌日の2010年5月22日(土)

緊急手術にて生体肝移植がはじまったのである。






人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ







スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。