まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

術後355日、退院 

ある事実・・・それは先生がいつもと違うことでした。

1・2回目は同じ先生だったのですが、今回は初対面の先生だったのです。

今思えば、1・2回目の先生はどちらかと言えば強引だったのかも知れない。

同じERBDでも先生テクニックによって、これほどの違いがあるなんて

思いもしませんでした。

まぁ、それがすべてというわけではないと思いますが・・・(当時の体調等)

そんな思いに老けながら、車イスを押されながらで病室へ帰るのだった・・・

病室へ到着後は鎮静剤が効いているせいか、いつものようにベットへ・・・

そして深いねむり・・・と思っていたのですが、起床したのは昼頃でした。

(ERBD終了時間は10時20分ぐらい)

その後は、いつもと違い眠気に襲われず・・・

普通の生活を取り戻すことができたのはERBD終了後、

およそ2時間後で前回と比べ物にならないほど早さでした。(前回は次の日)

いつもだったら暴れるため2回打たれる鎮静剤が、今回は1回だったことが

関係しているかも知れません。

先生のテクニックはすべてにおいて負担を軽減してくれた気がします。

そんなお世話になった先生ですが、残念ながらその先生の名前は知りません。

特徴的なめがね、そして見た目が似ていたので勝手に名前をつけさせていただきました。

ビビル大木先生ありがとう・・・次回があるならば是非お願いします。

ブログを読んでくれてる皆さん、先生に勝手に名前やあだ名をつけることってあるでしょう?


人気ブログランキングへ

2011年5月12日(術後355、入院10日目、ERBD挿入後2日)

挿入後の経過が順調だったので、この日の採血結果次第で退院できることになりました。

採血結果どうぞ


<5月12日> 異常個所

       基準値      結果値
WBC    3.5~8.5      3.23↓
RBC    4.30~5.70     3.92↓
Hb      13.5~17.0     11.2↓
Ht     40.0~50.0     34.0↓
plat    150~350       144↓
TP     6.7~8.3       5.9↓
アルブミン  4.0~5.0       3.5↓
AST    13~33        69↑
ALT     8~42        83↑
ALP    115~359       881↑
総ビリルビン 0.3~1,2       1.6↑

直接
ビリルビン   0~0.3       1.1↑
γーGTP   10~47      319↑
CRP   0.000~0.300   1.964↑
マグネシウム  1.7~2.6     1.4↓

前回よりも肝機能はよくなっており、改善がみられているとのことで

この日の午前退院することに・・・。

退院の際、担当医へERBDが今後何回行う予定であるか確認してみました。

結果は、最低でも1年以上チューブ留置が必要とことで、僕の場合は3ヶ月交換

と仮定すればあと1~2回必要であるとのことでした。(初挿入11月、約年4回交換)

次回は8~9月ころであることが告げられましたね・・・

因縁のERBDとの戦いは今後もまだ続きそうです




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記の写真に神奈月がまぎれこんでいたらどうしよう・・・

スポンサーサイト
[ 2012/02/06 11:17 ] 移植1年目 | TB(0) | CM(1)
先生によって
確かに。先生によって違いますね。大学病院だから学生さんもよく来るでしょ。術前術後の頭がはっきりしてなかった時、私、学生さんに、『テクニックの上手い先生になりなよ!技術のある先生にならんといかんよ。』と説教みたいなこと言ってたような。
でも、上手くなるには、私達患者が練習だいってことですよね。できるだけ、上手な先生に当たりたいものですね。
ステントの時でなく、術前、普通の内視鏡検査やった時、麻酔つかわず意識あるまま、してもらった時の大学病院の内科の先生のテクニックはすばらしかったです。ゲップをまだしてはいけない時してしまったのに、『おなかをふくらませてぇ~』とか、上手に声かけしてくれながら、あまり苦しまなくてすむようにしながら、最後までちゃんと検査してもらえたことがあって、すごく感激したことがあります。
そのとき、食道静脈瘤もあるってわかったんですけど。

パパさん!
『ビビル大木先生ありがとう』には爆笑しましたよ。(^◇^)
あります。あります。先生に勝手にあだな。・・・うちは娘がその点、得意なんです。学校の先生や息子の友達に、大学病院の私の担当医の先生たちやさまざまな人にすぐつけるので、密かにその呼び名で私たちは会話するんだけど知らない人は誰のこと言ってるのか解らないはずで、おもしろいです!ハイ。

このブログの文最高!傑作!おもしろかったよ(*^^)v
[ 2012/02/09 14:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。