まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

血液検査の結果

今日は転院日(2010年5月10日)から移植日(5月22日)までの

肝機能を中心とした採血結果をを掲載しますのでご参考までに

最近先生からいただいたもので、当時の僕は知りませんでした。


      AST(GOT) ALT(GPT)  ALP    総ビリルビン   γ-GTP   アンモニア
基準値   (13~33) (8~42)  (115~359)  (0.3~1.2) (10~47) (20~70)

10日     2664    4775    730      12.3     347     95
11日     2617    4870    684      14.8     322     68
12日     2919    4912    641      15.5     276     53
13日     2750    4773    634      19.0     231     -
14日     2990    4794    618      22.5     207     63
15日     2972    4757    602      24.1     175     60
16日     2671    4132    547      25.1     146     86
17日     2323    3516    504      25.8     121     128
18日     1360    2580    509      27.8     102     81
19日      894    2035    514      36.6      82     158
20日      450    1301    472      37.8      62    120
21日      180     380    262      27.4      36     310
22日      97     198    266       28.2      23     366

さすがにこの結果を見たときは絶句。

総ビリルビンを見ると、日を追うごとに黄疸が増してるのがわかります。 

また14日を境に肝機能が良くなってきているようにも見えますが、

その逆で、肝細胞が破壊されすぎておそらく少なくなってきているのでしょう。

22日にはほぼ全滅に近い状態と思われます。また、アンモニアの状態から

肝性脳症の状況がわかりますが、前触れは17日ごろからで21日には

昏睡状態であったことがわかります。

肝炎ウィルスA・B・C・Eの検査の結果は すべて結局(-)でした。

現在でも劇症肝炎発症の原因は不明のままである。

当時の肝臓へ・・・

僕がもう少し早く病院に行っていれば助かったかも知れないのに・・・

申し訳ない気持ちでいっぱいです。守ってやれなくてすいませんでした。





人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ



       
スポンサーサイト
転院日からの血液検査
パパさん、肝機能ものすごい数値になっていたんですね。私は、10月4日に転院して、その1週間くらいの時の検査結果を後から、もらったのですが、4桁なんて数値はありませんよ!総ビリルビンは、ずっと33~35.5くらいの間で、アンモニアも、125~277の間でしたけど。
転院してから、移植日まで、割と早かったのですね。私も時間がないから、できるだけ早い方が言いといわれ、ほんとは、10月26日が予定日だったんですけど、ドナーがなかなか決まらず、11月16日になりました。
[ 2011/10/29 14:14 ] [ 編集 ]
もしかしたら・・・
転院してから移植まで早かったでしょ!当時の内科医の先生がこうなるのを察知してすごく早く行動してくれたみたいなんですよ。
移植は必ず倫理委員会で承認を得ないといけないらしいのですが、その倫理委員会の開催が月末だったらしく
間に合わないと判断した先生は、個別に連絡等をとり承認を取ってくれたそうです。その結果、緊急手術できたらしいのです・・・幸いドナーになってくれる人もいたし。もし移植が1日、半日でも遅れたら・・・
おそらくこの世に存在してないし、こうして会話することもできなかったと思う。
そのくらいひどかったらしいです。
しかし、リラさんの血液結果もひどいですね・・・黄疸・肝性脳症ひどかったのがわかります。
僕もそうですが、リラさんもぎりぎりのところで助かったみたいですね・・・
いやっ。一見ぎりぎりに見えるけど、もしかしたら最初から助かる運命だったのかも知れないね・・・




[ 2011/10/29 22:41 ] [ 編集 ]
ありがとうございます(^o^)
もしかしたらのことば、流れ星みたいにキラリと光って私の心の中に飛び込んできました!
そう想うのって素敵ですよね。元気でます!パパさんも私も、助かる運命だったんですよね。そう想うことで、救われます。勇気や元気を貰えた感じ。ありがとうございます。

パパさんの内科の先生はすばらしい方ですね。倫理委員会のことは知っていましたが、開催期間が決まってるなんて知りませんでした。
パパさん、すばらしい先生に当たってよかったですね。本当に良かった。お陰で、こうして会話できます。
[ 2011/10/31 10:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。