まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

移植1年、年に3回ある誕生日・・・

2011年5月22日、まちに待ったその日がやってきました。

あの昨年の悪夢から1年、目覚めと共に1才の誕生日を迎えることができました。

朝起きて、深呼吸・・・そして生きていることを確認

あれから1年経ったんだ・・・

こんなに長くてつらい1年間は生まれて初めてでした。

それを乗り越えることができたからか、この日の空気はいつもと違い、

特別においしかった気がします。

この日は特別なイベントはしなかったけど、

家族みんなで夕食をいただきました。

もちろん(僕はノンアルコール)

昨年の今頃は・・・なんて家族みんなが口々に・・・

そんな家族の話を聞いていると、今だからこそ言える去年のお笑いエピソードが・・・。

①パパ・・・→術前ICUへ移動した際、妻と妹がすぐ面会へ。必死にパパを呼ぶものの反応
      なし。でもなにやらもじもじ。もしかして?
      すると ビッ
      尻から返答があったらしい。妻いわく、
      ベットに穴が開いたかと思うほどの大きさで恥ずかしかったとのこと。
      私がしたと思われればダメなので、「ぱぱやめて!」すかさず
      言ったみたいです。

②母 ・・・→僕が手術室に入る際、お守りをもって入り口自動ドアの前で一生懸命祈って
      いたそうです。すると、ガッツン!
      何事かとみんなが振り返ると、母の頭が自動ドアにはさまれていたらしい。

③父 ・・・→さすがに父も手術当日日は少々恐怖感、ストレッチャーに乗る足取りは
      重かったらしいのですが、家族から
      「早く、早く乗れって」
      見たいな感じですごくせかされ乗せられたみたいで、
      「いざとなれば家族でも恐ろしいものだ」なんて言ってました。
     

など結構ありましたね。当時はみんな気が張っていてわからなかったけど、

今ならおかしいって気づくが多々ありましたね。

まあ、こうしていえるのも1年を迎えられたからこそ、言えるんですけどね。

昨年は、家族も地獄の年だったともいます。

5月22日

私たち家族にとっては、これからも永遠に特別な日なのかも知れませんね(^_-)-☆



人気ブログランキングへ


以前コメントにも書きましたが、僕には年3回の誕生日があります。

肝臓の誕生日(父の誕生日)、自分の誕生日、移植で生まれ変わった誕生日。

年でいえば、60、32、1才ですね。およそ30才の年の差ですね・・・

年3回の誕生日があるなんて普通の人は考えられないでしょう?

だから、自分の寿命はどのくらいであるかも大体はわかります。

でも、そんな未来のことばかり考えているとお先真っ暗で

毎日が楽しくありません。

実際、未来なんて誰にもわからないことであり、今日があっての未来です。

まずは、今日を一生懸命生きる・・・

そうすれば必ずいい未来がくることを信じてます。

希望は決して捨てることなく、今後も楽しんでいこうと心に決めました。

(ぶっちゃけ、IPS細胞で肝臓ができることを願ってます。)

これは僕が移植1年を迎えた時決意したことです。

同じ病気をされている方や、病気と戦っておられる方、

前向きに共に頑張りましょう

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/02/10 13:23 ] 移植1年目 | TB(0) | CM(4)
IPS細胞って(・・?
どんなものですか?パパさん。

術後1年目のご家族の夕食の時のお話、元気になったパパさんがいたからこその楽しい団欒ですね。笑い話になるって幸せ!よかったね(^^♪
読んでて皆さんの和やかな雰囲気が見えてくるようです。(^^♪

私が手術室に運ばれる時は、身内家族だけでなく、そこに居た看護師さん達、担当チームのドクター達みんなが列になって両側から声かけてくれて、ちょっぴり恥ずかしかった。後から入るドナーの夫もいたんだけど、エレベーターに乗り込むとき、主治医が『旦那さん、奥さんに何か声・・』と声かけして下さって夫が『後から、行くけんな!』と言ってくれたのが聞こえました。結婚以来始めて夫から、頼もしいセリフが聞けた瞬間でした。後にも先にもその言葉が最初で最後でしょう・・・たぶん。後から、聞いたんだけど私の妹も、そのお兄さんの言葉には感動したって。
[ 2012/02/12 11:15 ] [ 編集 ]
IPS細胞とは・・
IPS細胞とは、神経や筋肉などいろいろな体の部分になることができる細胞で万能細胞と呼ばれるものです。京都大学の山中教授が発見したものですね。
例えば、病気で内臓が悪い人がいたとすると、その人皮膚から細胞を取り出して、
IPS細胞にすれば、そのIPS細胞を内臓の細胞に成長させることができるみたいなんです。
手術で、悪くなった内臓の細胞を、IPS細胞でつくった細胞と取りかえれば、病気を直せるように
なるかも知れません。
現状そこまではいってませんが・・・(拒絶反応とか、ガン化する恐れなどさまざまな問題が・・)
まだ、研究段階です。
今年4月にiPS細胞をもとにした肝細胞が発売されるとかってネットに書いていました。
薬開発の際に毒性や副作用をチェックするための肝臓の細胞みたいです。
何十年後には、人工肝臓ができればいいんですけどね・・・


医学的知識はないので、間違ってたらごめんなさいm(__)m




[ 2012/02/12 21:45 ] [ 編集 ]
私も
IPS細胞には頑張って欲しいと思います。
ドナーがいらなくなる事や、拒絶反応がないって凄いですものね!
でも、病気が治るばかりで、ますます高齢化社会になるんですかねぇ…。
[ 2012/02/13 00:42 ] [ 編集 ]
おしえてくださって
ありがとうございます!パパさん、ベンツさんも。お二人ともよくご存知なんですね。IPS細胞・・・って、説明を聞いて、そういえば前にテレビでそんなようなこと言ってたような・・・^^;
私もお二人のように、しっかり情報とらえないといけませんね。ボンヤリ見てるだけではダメだねφ(..)メモメモ
[ 2012/02/13 13:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。