まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予期せぬ出来事・・・

2011年7月26日、退院するため1階に向かうのだが・・・

エレベータを降りると、突然強烈な痛みに襲われるのであった。

右わき腹、右肩付近の痛み・・・(内部から、じわりじわりくる神経痛ののような痛み)

あまりの痛さにそのまましゃがみこんでしまったのである。

心配した妻が、

「大丈夫?外科に戻ろうよ。」

と言ってくれたのですが、先ほどいいだけ調子のいいことを言ってきただけに、

ここで戻るのはすごく恥ずかしかったです

また当時、重い荷物を右肩に背負っていたのでそのせいでの一時的なもの・・・

なんて思いもありましたし・・・

しゃがんで少し休むと、痛みが少し治まったのでそのまま会計に向かって

歩きはじめました。

会計までの距離およそ50m・・・

何とか痛みをこらえて歩きおよそ20m、

会計がもう見える状態に・・・

すると先ほどの倍以上があろうかという激痛が・・・

これはただごとではないと感じた僕は、外科へ戻ることを決意したのであった。


人気ブログランキングへ

あまりの激痛には、立っているのがやっとの状態・・・

そんな中、右わき腹付近を押えかがみながらも、やっとの思いで

さきほど退院したばかりの外科へ到着する。

さすがに、元気に退院した僕が戻ってくるなんて、看護師さんたちもすごく

驚いていました

腹痛を訴えると、担当医含めたくさんの看護師さんたち集まってきて

すごくあわてた様子・・・

担当医から、

「パパさん、もしかして肩痛くない?・・・」

との質問・・・

「はい、すごく痛いです・・・」

と答えると、謎が解けた様子でした。

「胆汁漏れの恐れあり・・・すぐ超音波持ってきて・・・」

そして退院したばかりの病室へ運ばれて行きました。

超音波を実施すると、

「あっ、ここだ・・・以前あった拡張がなくなってる・・・原因はここだね・・」

診断結果は、胆汁漏れとのことでこのまま再入院することに・・・

原因は肝生検によるものだそうですが、治りかけていたものが歩いたせいで、

開いたのではないかとのことでした。

入院後は抗生物質投与・・・しばらくすると痛みは落ち着いたと思います。

すると看護師さんからこんな質問が・・・

「パパさん、結局会計したの?」

「会計までたどり着けませんでした」

「会計する前でよかったし、病院内でよかったね・・・運いいね」

なんて笑ってましたね・・・

今回、肝生検を行った先生は担当医じゃなく、違う若い先生でした。

まさか、胆管に当たってしまうとは・・・めずらしいことみたいです。

不運としかいえませんね。

だけど結果、胆管の拡張ががなくなったみたいだし、退院する前に事が起こりました。

果たしは、僕は運がいいんだろうか・・・?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

3月5日は僕の33回目の誕生日・・・クリックしてね(^_-)-☆
スポンサーサイト
[ 2012/03/04 22:08 ] 移植2年目 | TB(0) | CM(5)
お誕生日おめでとうございます!
パパさん、ハッピーバースデー\(^o^)/

胆汁漏れって痛そう(>_<)
病院を出る前でよかったですね。やっぱり守護霊が守ってくれてるかも・・・
[ 2012/03/05 14:53 ] [ 編集 ]
胆汁漏
パパさん、ハッピーバースデイ。

私も、術後回復期に胆汁漏となりました。起きて食事をしようとすると、腹筋が締め付けられるように痛み、すぐに横にならないと何ともいえないつらさがありました。胆汁には腹膜刺激がありますので、けっこうどころが、すんごい痛みがあります。胆汁が漏れてたまっている部位にチューブを入れて、排液を受けたら、嘘のように痛みが取れました。
 肩の痛みは、肝臓癌に動脈から抗がん剤を注入し、ゼラチンで蓋をするとき、横隔膜の報に少し流れて、右肩甲骨の内側に強烈な痛みというか重みがきて、思わず動いてしまいました。横隔膜に胆汁が触れて痛みを起こしたのでしょう。短時間でしたが、いやな思い出ベスト5に入ります。
 パパさんんしょうじょうは、まさに胆汁性腹膜炎の症状だと思います。結果的に胆管拡張がとれたのであれば、結果オーライですね?
[ 2012/03/05 17:26 ] [ 編集 ]
ありがとうございますm(__)m
皆さん、ありがとうございます。
無事33才を迎えることができました。
胆汁漏れの痛み・・・すごい痛いですよね・・・
あまりの苦しさに息をするのもやっとでしたね・・・
胆汁漏れと言えば、ひささんは僕よりも大変だったんですよね・・・
胆汁漏れを経験した僕も、少しではありますがそのつらさわかります。
胆汁性腹膜炎か・・・今日また一つ勉強になりました。
担当医の先生ですが、簡単に病状を教えてはくれるんですけど、病名をあまり教えてくれることがないので・・
リラさん、僕はやっぱり守られているんですかねぇ・・・
きっとみんな守られてるんだよ(^_-)-☆
[ 2012/03/05 20:17 ] [ 編集 ]
胆汁漏って
移植手術後でなく、その前にやった手術後に私も胆汁漏を合併したけど、ひささんやパパさんとは違うのかな~私のはその手術のときは術前にPTCDで汚い胆汁を抜いたあとに手術して、術後、縫い付けてた創口が開いてきて、みぞおち付近からずっと漏れてたんです。
その手術の時は半年入院して退院してからも胆汁漏のところは長いこと消毒していました。くっつくのに何年かかかりました。

ひささんはチューブを入れて抜いたっていうと、PTCDみたいなことをなさったのですか?

パパさんはブログで次にどうやったのか教えてくれるんですよね・・

私ごとですが、昨日、また38.8熱が出ましたがカロナールとフロモックスで今は落ちついた感じデス。
[ 2012/03/06 13:08 ] [ 編集 ]
発熱・・・
リラさん、最近発熱多いですね・・・体だるいでしょう?
いつも言うけど、無理厳禁・・家事も休みましょう・・・
ダメもとで、旦那にお願いしてみては?・・・

最近ブログの更新遅くなってごめんなさいm(__)m
色々、忙しくて・・・もう少しで落ちつくと思います。
ブログも過去から現代に近づいてきているので、そのうちなぜ忙しいのかもわかると思います。本当はコメントで教えてあげたいんだけどねぇ・・・お楽しみに・・・
[ 2012/03/06 22:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。