まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

移植前の僕が知らないこと 2

前回の続きです。すべて聞いた話ですが・・・・

2010年5月20日意識低下のためICUへ移動。

そして翌日21日、妻の携帯に連絡が・・・

担当医からで、22日生体肝移植手術を実施するので家族を病院へ集めてほしいと

の内容だったそうです。そして妻、両親、姉妹と病院へ。ドナーである父は到着後入院と

なったそうです。到着後それぞれ説明が・・・

今まで担当医だった内科の先生からは、

今日付けで外科に移動になることや、劇症肝炎の原因究明のため以前飲んでいた市販の

胃薬(過去のブログ参照)を提出を求められたそうです。


執刀医からは、

手術の内容として、まずドナーから手術に入り肝臓摘出後準備が整い次第、レシピエント

の手術が行われることや、レシピエントの肝臓は全摘出されて、ドナーより6割提供され

ること、緊急事態の際はドナー優先であることが告げられたそうです。

成功率に関しては、80%であるとの事でしたが、子供100%・成人50%での確立で

中間で80%であることが告げられたそうです。

さすがにこれを聞いたとき、みんな青ざめていたようです。

そして最後に、手術がおわった後でも経過次第では、手術室に戻ることがありますが

移植手術ではよくあることで想定の範囲内ですから安心してくださいとの説明を

受けたそうです。


麻酔科の先生からは、

今までの病歴や手術・麻酔の有無(僕はすべて無)、飲酒・喫煙歴などの簡単な問診

が行われあと、麻酔使用や肝性脳症による意識障害で手術前の記憶が断片的にない

場合もあると告げられたそうです。

そしてすべての説明の後には家族一人一人がで署名したそうです。

すべての説明に共通することが、悪い話ばかりであったとか・・・・

やれ説明だ、署名だ、結局病院をあとにしたのが午後八時過ぎだったみたいです。

妻もさすがに不安で家に帰ってもなかなか寝付けなかったみたいです。

そして翌日の22日が訪れました。



人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ




スポンサーサイト
こんにちわ♪(´ε` )
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
[ 2011/08/23 17:19 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめましてe-466
力強いコメントありがとうございますe-271
すごくやる気が出ますよe-287
ブログを随時更新して行くので
是非遊びに来てくださいねe-466


[ 2011/08/23 19:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。