まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

移植1年9ヶ月 2012年最初の外来

2012年最初の外来は、1月23日。

この日の外来は、東京から帰ってきてから初外来であったし、

仕事復帰が可能であるか先生に尋ねる大事な日・・・

肝機能は悪くなっていないだろうか・・・・

先生は仕事復帰を認めてくれるんだろうか・・・

ひさしぶりの緊張と不安と共に病院に向かいました。

まずは採血の結果から


<採血の結果> 異常個所


       基準値      結果値   12/26結果値
    
Plat    150~350      140↓     130↓
TP      6.7~8.3       6.4↓     6.5↓
AST    13~33        50↑      38↑
ALT     8~42        61↑      51↑
ALP    115~359       422↑     425↑
γーGTP   10~47      209↑       207↑
総ビリルビン 0.3~1.2      1.3↑       0.6
直接ビリルビン 0~1.3      0.5↑       0.3
マグネシウム  1.7~2.6     1.4↓       1.4↓
タクロリムス             4.0       6.2
血糖    70~109       150↑      119↑

※血糖は空腹時である。


肝臓・胆嚢・すい臓の病気 ブログランキングへ



先生へ単刀直入に質問・・・

「先生、そろそろ仕事をはじめたいのですが・・・

自分で電気工事業を開業したいと考えているのですが・・・可能でしょうか・・・」


「うん・・・(長)     

今日の結果を見ると、ビリルビンが上昇してるんだよね・・・

ERBDでチューブ入れて1年以上経ってるから、抜いてみて

それの結果見てから決めよう・・・結果よければ、OKだし、

ダメな場合は再挿入ってことにしましょう・・・」


とのことでした。

よってこの日、内科も受診することになりました。



<1月23日> 

・AM8時・・プログラフカプセル1mg(2C)
       セルセプト250mg(2C)

・朝食後・・・ウルソ100mg(2錠)、パリエット10mg(1錠)
       バクター配合錠(2錠 月・水・金のみ)

・昼食後・・・ウルソ100mg(2錠)
       

・夕食後・・・ウルソ100mg(2錠)
       バクター配合錠(2錠 月・水・金のみ)

・PM8時・・プログラフカプセル1mg(2C)
       セルセプト250mg(2C)

前回と変わらずでした。


内科を受診した結果、チューブ挿入の際は入院が必要だけど、

抜去は日帰り可能であるとの説明が・・・

空きがあるのは翌日の24日しかないとのことでした。・・・

よって、翌日(24日)急きょ、チューブを抜去することになってしまったのである





余談ですが、2年前の本日(20日)は・・・

肝性脳症による意識不明・重体に陥りICUに運ばれた日です。

そんな僕が現在こうしてブログを更新してるなんて、信じられないです




にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2012/05/20 21:17 ] 移植2年目 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。