まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

肝腎同時移植の経過 1

9月1日、岡山大病院で行われた肝腎同時移植を受けた

青森県内在住の50代女性ですが、地元の新聞によると

順調に回復し18日ICUから個人病室に移ったみたいです。

現在は人工透析の必要もなくなり、退院に向けてリハビリを開始

したそうです。肝臓、腎臓共に彼女になじんでるみたいでよ。

よかったですよ・・・


人気ブログランキングへ


新聞にこれまでの彼女の経緯が書かれていたので

書かせていただきます。

彼女は12年前の2000年11月生体肝移植手術を受けており、ドナーは

当時69才の父親だったそうです。

(同時ドナーの世界最高齢として地元新聞が報道)

その後は社会復帰・・・

2年前の2010年から肝臓・腎臓悪化・・・

11年夏ごろからはさらに悪化し入院して、

脳死移植を待っていたみたいです。

肝臓だけならまだしも腎臓も悪く同時移植でなければ助からないって

言われており、なかなか引き受けてくれる病院がなく

家族は最悪の事態も想定してみたいですね・・

そんな中引き受けてくれたのは、岡山大学病院だったみたいです。

そしてドナー・・・

緊急だったため、県防災ヘリ→航空自衛隊輸送機→岡山大学病院。

そして16時間半の手術。

無事手術の成功・・・

自衛隊輸送機など手配がスムーズにいったのは、

彼女の入院する病院の先生方が緊急事態を想定して、あらかじめ

訓練というか準備をしていたのも今回の成功につながったみたいですね・・・

すべてにおいて奇跡というか・・・

偶然というか必然いうか・・・

きっと彼女はこの世でまだやらなければいけないことが

あるから、神様によって生かされてるんだろう・・・と思います。

早く元気になって青森に帰ってきてくださいね(^_-)-☆


そして前回も書きましたが、

彼女含め4人を救ってくれたドナーの偉業に対し、

心から尊敬と感謝を捧げ、謹んで哀悼の意を表します。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



※東奥日報の記事を一部抜粋させて書かせていただきました。
 どうしても全国の皆さんに伝えたくて・・・勝手にスイマセン<(_ _)>

スポンサーサイト
[ 2012/09/23 19:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ