まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

移植2年9カ月 外来受診

2月25日は外来受診日でした。

2013年2月25日

<採血の結果> 異常個所


       基準値      結果値     2/20結果値
好中球   30~70        75.4↑      66.7
リンパ球  20~60        19.1↓      24.4     
AST    13~33        39↑       41↑
ALT     8~42         63       70↑
ALP     115~359      458↑      418↑
γーGTP   10~47       205↑      210↑
マグネシウム  1.7~2.6      1.5↓      1.5↑
CRP    0~0.300     0.530↑      1.257↑

20日の外来受診以降の体調ですが、23日ごろから

のどの痛み・咳などで結局ダウン・・・

体調不良のまま外来を受診することになってしまった・・・

採血の結果から、前回よりもALPが上昇しているため

超音波検査することに・・・(約1年ぶり)

チューブを抜いてほぼ一年、胆管狭窄疑い。

(中には狭窄が再発する人もいるらしい)

結果、極端な異常はなしでこのまま様子を見るとのことでした。

最後にいつもの薬+風邪薬処方。

1日に薬の量が半端ないです。(21個)

でもおかげさまで、風邪はだいぶよくなりました

次回は3月25です。

スポンサーサイト
[ 2013/02/27 20:51 ] 移植3年目 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。