まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最初の食事

一般病棟へ移動したのは10時ころだったので、しばらくすると

昼食の時間になる。およそ10日ぶりのぐらいの食事だったのでドキドキ

やっと食べれるまで良くなったんだいう気持ちと、移植前に経験した食事を口に

含むだけで襲われていた吐き気のいやな記憶、うれしさ半分・不安が半分って

感じでした。

最初の食事のメニューは、おもゆ、白身魚(刻み)、昆布、味噌汁だったと

思いますが・・・

まずはおもゆから、スプーンで一口。口の中で唾液と混ぜながらゆっくり

飲み込む。食べてびっくり!!当時はすごくおいしく、懐かしく思えました。

(おそらく、今食べればマズイと思いますが・・・・)

以前のような吐き気もなく、その後もスプーンで3~4回食べる。

正直言えば、お腹がすいていたためもう少し食べたかったのだが、

食事が久しぶりであるため、胃に悪いとのこと。医師からの指示により、

最初の食事はこれにて終了となるのである。

結局、少しの食事でしたが非常に満足でした。

なぜなら、食事なんて移植前では考えられないことでしたから・・・(過去のブログ参照)






人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。