まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再会・そして新たなる夢

昼食後、あまりの静けさについ昼寝ICUではあまり寝れなかったので

久ぶりの熟睡だったと思います。そして16時ころだったと思いますが午後の回診で

目を覚ますのである。その際担当医から、術前に提出した市販の胃薬(過去のブログ

参照)を調べた結果、今回の劇症肝炎の原因とは関連性がなかったとのことで、発症が

原因不明であることと、再発の可能性もありうることが告げられる。(現在も原因不明)

また、8日間寝たきりだったため筋力の低下が考えられるということで、31日(月)から

上肢・下肢のリハビリを開始するとのことでした。

まさか・・・そんなことはないだろう・・・

と先生の言葉に半信半疑でしたが、やせ細った太ももやふくらはぎ、筋力がなくなりひざが

やけに大きく目立つようになった下肢、ベットを起こしても座位がとれず、ずり落ちてくる

体を目の当たりしてなんとなく実感、納得することができました。

そして最後に面会について触れ、術後で免疫が落ちているとのことで感染症防止のため、

あまり外部の人と接触しないほうがいいとのこと。やむ得ず面会する際は、面会者のマス

ク着用と手の消毒が必要とのこと。但し、子供は保育園等からウィルスを運んでくる

可能性が多いので面会できないとのことでした。

術後、2人の息子に会うのを目標に頑張っていたのでちょっぴりショック

一般病棟に移動したら妻が2人の息子を連れて面会に来る予定だったのでなおさらです

だが、そんな僕の心を妻が察してくれたのか、二日後の5月30日()突然その日は

やってきました。

「パパ、パパ」・・・廊下から聞き覚えのある声が・・・

そして窓から懐かしい顔が・・・妻が2人の息子を連れて来てくれたのです。

妻に抱っこされながら、窓越しに長男が「パパ痛い?注射見せて、手術みせて」と僕に。

ベットに寝たままで早速見せると「すげー、すげー」と驚いた様子。「パパ、退院したら

おもちゃ買って」この場に及んで早速おねだりする始末。「いいよ」と約束すると、

「ママもう帰ろう」と冷たい一言

一方次男は窓越しに、「パパ、パパ」と言ってニコニコ。「#ー@*;‘」何を言って

いるか不明ではありましたが何か僕に語りかけてるかのようでした。

5分少々ではありましたが2週間ぶりの窓越しでの再開、2人ともすごく大きく

なった気がした。特にすごく無口だった次男は、よく話すようになってました。

妻からの話ですが、僕がいない間2人ともすごくおりこうさんにして頑張っていたそうです。

何回もくじけそうになりましたが、この日をようやく目標達成

そして日々の成長を目の当たりにしたこの日から

二十歳なった息子たちとビールで乾杯したい

という新たなる夢が生まれました。

大人になったらどんな顔になるのかな・・大学にいっているのかな・・・

彼女はいるのかな・・・必ずこの目で確かめてやると決意

僕もそれまではアルコール一切厳禁。

長く難しいかも知れないが、神は乗り越えられない試練を与えないを胸に

新たなる目標の始まりの日でした。





人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

スポンサーサイト
子ども達との再会
どんなに嬉しかったか、すごくわかります!優しい奥様ですね。『ママもう帰ろう』の冷たい一言っていうのに、笑っちゃいましたがその時のパパさんの気持ちもわかりますよ。私も、小学生の息子にやっと会えても、病室という場所が、嫌なようで帰りたがってるみたいなのをなんとか、引き止めたい思いでいっぱいでした。

ずっと後ですが、まだ入院中で、お正月は外泊できずにいた時、主人はもう退院していたのですが、娘と息子に来てもらいたいのに、主人が二人を連れて、温泉行って、その後、回転寿司だの焼肉だの食べに行くからって、病院の私のところへは来てくれないこと、何回かあったんですよ。・・別の日に娘と息子2人で、電車に乗って会いに来てくれましたが・・

パパさんの奥様と大違いでしょ。
[ 2011/11/04 11:45 ] [ 編集 ]
僕の妻
結婚して長ければそんなもんだと思いますよ。
うちだって一見やさしそうに見えるかも知れませんが・・・本当は悪魔なのですよe-277
術後退院して2ヶ月ぐらいだったと思いますが、些細なことから夫婦げんか勃発。
けんかをすれば必ず先に手を出すのは妻・・・・
あの人は僕の急所(腹部)を目がけて肘うちしたのですよ。
僕が今回病気になったのは、「結婚前、おめーが浮気したからだe-262」とか
「おめーが2度と浮気できないように神様がしたことだe-262」とか言って
僕を脅したりもします。
恐ろしい人です。まだまだこれからもたびたび登場するので覚えておいてくださいね。
[ 2011/11/04 22:17 ] [ 編集 ]
パパさん聞いて下さい
うちも些細なけんかで、主人なんか、『誰のお陰で今生きとると思っとるんか!』ってその後もいろんな暴言が続いたけど、それを言われたらおしまいですよね。移植の手術より以前にした、手術(肝臓の左葉部分切除したんですけど・・肝内結石で)の時も病院の関係でこちらに転勤願い出して戻ってきたから、仕事がおもしろくないと、お前のせいで!って怒ってたし。
嫌な耳障りな話ですね。ごめんなさい。m(__)m

[ 2011/11/07 15:00 ] [ 編集 ]
リラさんの言うとおりだ!
男の人って仕事のストレスって結構妻にぶつけるんだよね(僕もe-466
だけどもしそんなこと言われたら、すごく嫌だと思う。言い返せないし・・・リラさんが言うとおり
おしまいですね。
僕なりに考えてみましたが・・・
もし自分が言われたらとりあえず右から左に受け流すか、
「あんたのおかげだよ」って開き直るかもしれないね。すごくムカつくと思うけどe-442
なんて言われたって、ある意味もらった勝ちだし、生きてる勝ちだよe-284
{僕が味わった地獄に比べたら、こんなの・・・}って我慢するかな。くやしいけど・・・
一人で我慢するのはつらいけど、{リラさんも我慢してるんだ!}って思えば
我慢できるかもしれないね。

[ 2011/11/07 20:41 ] [ 編集 ]
パパさんありがとう!!
パパさんに聞いてもらってよかった!パパさんみたいに応えてくれた人初めてです。そうですよね。もらった勝ち、生きてる勝ちですよね!そんなふうに言ってもらえてすごくうれしいです。もらっても亡くなられた方もいるし・・パパさんも私も生きてるもんね!それって、自分に生きる力が有ったってことですよね!
そういうの、パパさんのお陰で、そうなんだって思えてきました。頑張ってるんだねって同情してくれる人はいてもちっとも、明るい気分になれなかったけど、パパさんのお陰で明るい気持ちになれましたよ。ありがとうございます。真剣に受け止めてくださって。
[ 2011/11/08 08:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。