まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

運命の分かれ道

 当時を振り返ってみて言うのもなんだが、これがなかったら僕はこの世に存在

していなかった。

2010年4月27日その日は、会社の健康診断でした。

毎年2日位かけて行われるのだが、今回は病院の都合で1日2人づつ2週間位かけて

行われました。早い人は26日から遅い人は5月中旬で、僕は2日目でした。

健康診断当日の僕の体調は、相変わらずだるさがあり、腹痛(胃の周辺)

若干あり、「大丈夫?診察のとき先生に言ったほうがいいよ」と看護婦も

見てわかるほどの具合の悪さでした。診察の際先生に現在の状況を伝えると、

もしかしたら、腹痛は胃痛の可能性があると知らされ、健康診断は終了し

ました。現場が突貫工事で、休日もなく、毎日9時過ぎまでの残業三昧、

相当のストレスもあり、先生の診断は確かに納得できました。

本来であればこうなる前に病院を受診してればいいものの、現場が完成まじか

だったため、図面やら書類やらで忙しかったため、とりあえず市販の胃薬

服用して様子を見ることにしました。

 そして時は流れ健康診断から3日後の4月30日、突然携帯電話が鳴った。














スポンサーサイト
[ 2011/08/04 10:15 ] 前兆 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。