まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

術後4~5ヶ月の状況

2010年9月下旬になると、2つの症状に襲われ悩まされていた。

一つ目は、味覚障害。

食べ物を口にするのだが・・・

味があまりしない状態で、何を食べてもおいしくないのである。

特に脂っこい食べ物なんかは、まったく体が受け付けつけない状態でした。

そのせいか、9月30日には65.2kgだった体重が、10月4日になると63.6kg、

10月10日ころになると62.6kg体重減少が見られるようになっていました。

そして2つ目は、手・足(特に足の裏)の異常なかゆみ。毎日ではなかったのですが・・・

どちらかといえば表面がかゆいというより、手足の中の血管がかゆいって感じかな。

掻けば掻くほどかゆく、温まってるときなど(シャワー際)はすごかったです。

つめで掻くぐらいでは物足りなく・・・

髪用のくしで一生懸命ゴリゴリしていました(次に日は痛くて大変でした)。

水虫や乾燥とかではなかったと思います。

{おれは、この2つに一生悩ませられながら、生きて行かなければならないのか・・・}

って当時はすごく悩んでいました。

そして2010年10月18日、三週間ぶりの外来受診日が訪れる。

その際、担当医へ味覚障害がひどいことを報告する。

医師からの回答は、おそらく胆汁を胆管に流していないからではないか、とのことでした。

よってこの日から、次の受診日(11月1日)まで胆管チューブのコックをオフにして様子を

見るとのことになりました。

コック=オフ・・・胆管へ流れる
 コック=オン・・・ドレナージバックへ溜まる

19日・・・コック=オフ→問題なし。

20日・・・コック=オフ→問題なし。

21日・・・コック=オフ→問題あり。体にかゆみあり。

22日・・・AM3時、コック=オフ→オン

22日の夜中だったと思いますが、強烈な体のかゆみ(特に足の裏、手のひらなど)や

腹部の張りがあったためコック=オンにしました。そして夜21時ころ、38。3℃の

発熱みられました。

23・24日・・・大事をとって実施せず(コック=オン)

25・26日・・・体調が良かったので実施。コック=オフ→問題なし。

27日・・・コック=オフ→問題あり。体にかゆみあり。
      AM3時コック=オン。PM21時、再挑戦。コック=オフ。

28日~30日・・・・コック=オフ→問題なし

31日・・・コック=オフ→問題あり。体にかゆみ、腹部に張り。

2週間のこの状況。明らかにどこかに異常があるとしか思えなかった。

そして11月1日、外来受診日が訪れる。



人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

スポンサーサイト
かゆみって苦痛ですね。
私、2006年(平成18年)からずっと、総ビリルビン7~10で、きていて2009年からは、10を越えるようになって2010年の9月には20に上がって、大学病院に転院した頃は30を越えてしまってて、身体中、真黄色、(眼は普段から黄色のコンタクト入れてるの?って、言われたりしてた~まだ、普通に生活してたときから。)髪の毛の分け目まで、黄色くなってたって娘が言ってた。身体のあちこち、かゆいのは黄疸のせいよってよく言われたけど、ビリルビンが減った今でも、かゆい!痒すぎるのはやだやだやだ~
だけど、目の色が徐々に、黄色でなくなっていったとき、とってもうれしかったあ~白目の所って、なんとなく空色っぽいでしょ!?そんなふうに戻ってきた時、ほんとに夢見たいって感謝したわたしです。(#^.^#)
[ 2011/12/02 20:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。