まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宣告

2010年5月10日、超音波検査を検査を実施。

その後先生が病室にやってきて、

「パパさん、超音波の検査はあまり問題ないけど、念のためH大学病院へ転院

しましょう。」と言われました。

その際先生へ「劇症肝炎になる可能性はありますか?」尋ねると、

「ないわけではない。ありえる。H大学病院へ行ってもおそらく、ベットで安静にして

いるだけで、退院できると思うけどね。」とのこと。この時先生が、念のためや、万が一を

すごく強調していたのを覚えています。

そしてその日の午後、救急車でH大学病院へ搬送されました。

人生初の救急車だっだためか少々緊張キョロキョロこうなってるんだ

室内は思ったより静かで、すごく狭かった印象があります。

10分後、H大学病院へ到着。5~6人スタッフ迎えられながら内科に入院となりました。

到着後、研修医2人と担当医師の3人で超音波検査実施。

「萎縮は思ったよりないな・・・門脈、流れてるな。・・・・」思ったよりいいなという

先生同士の会話を聞いて少し安心しました。

その後病状の説明を受けるため、妻と面談室へ。医師からの説明が始まりました。

病名:急性肝炎

治療計画:肝炎の原因を検挙し、対症的な治療を行っていく

手術予定:なし

入院期間:約1ヶ月


との診断内容でした。さらに、現状をホワイトボード使用して、

「パパさん、あなたは分かれ道の真ん中に立っています。左へ向かえばこのまま完治しますが、

右へ向かえばさらに2つの道があります。1つは20%はの確立で完治しますが、もう1つ

は80%の確立で肝不全を発症し亡くなります。中には肝移植で助かる人もいますが・・・」

その説明に唖然。衝撃が走った。全身の血の気が引き、冷や汗、倒れそうになりました。

突然 死の宣告・・・すごく恐ろしくて震えが止まらなかった。

生涯忘れることはないだろう。







人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。