まさかの劇症肝炎発症!死の淵から生体肝移植を受け,みごとに生還を遂げた2児のパパのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

術後11ヶ月の状況

2011年3月30日の親知らずの抜歯後は、クラビット錠を服用した事もあり、

発熱は起こらず体調は安定へ・・・

抜歯から1週間後、再度口腔外科を受診しましたが、特に化膿も見られず

問題なし。また抜歯後、歯茎に開いた大きな穴は2~3週間で

自然にふさがるとのことでした。

やっぱり先生が言ったとおりCRP上昇の原因は親知らずだったのでしょう・・・


4月18日外来受診(前回受診より3週間)。

採血の結果は残念ながら残っていませんでした。スイマセン

でもクラビット錠の処方がないので、おそらくCRPは下がっていたと思います。

肝機能は、おそらくいつもと変わらないと思います。(少悪)

続いて薬です。

<4月18日> 赤部分は変更箇所

・AM8時・・プログラフカプセル1mg(2C)
       セルセプト250mg(2C)

・朝食後・・・ウルソ100mg(2錠)、パリエット10mg(1錠)
       バクター配合錠(2錠 月・水・金のみ)

・昼食後・・・ウルソ100mg(2錠)

・夕食後・・・ウルソ100mg(2錠)、バクター配合錠(2錠 月・水・金のみ)

・PM8時・・プログラフカプセル1mg(2C)
       セルセプト250mg(2C)

タクロリムスの血中濃度が下がっていたため、1回1.5mgから2.0mgへ変更。

クラビット500mgが無しになりました。

とりあえず、特に異常なく受診は終わったのですが・・・・


人気ブログランキングへ

翌日(19日)から体調異変が・・・

夕方ころからだったと思いますが、背中、右わき腹に痛みが・・・

37.1℃の微熱が見られましたが、とりあえず我慢・・・

そして20日・・・痛みはありましたが先日よりも良。様子を見ることに・・・

21日・・・朝起きると、初日よりも痛みが強くなっていたため急遽、緊急受診

大学病院へ到着すると、担当医は移植手術のため不在・・・

結局、他の先生が診察してくれることに・・・

初対面先生、そして移植の先生でなかったため、簡単な診察・・・

触診などした結果、緊急を要することではないということに・・・

(いつもだったら超音波検査してくれるんですけど・・・)

また採血の結果、CRPが上昇しているとのことでクラビット錠が

処方されることに・・・

結局、原因は不明のままで帰宅することに・・・。

今思えば、これが術後初めての緊急外来でしたね。

その後は何とか、痛みが治まったので良かったですが、

これがもし、緊急事態だったら僕はどうなってたのでしょうか・・・

考えただけでも恐ろしいです・・・

でもこれが次に起こることの前触れだったのかも知れませんね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/01/26 22:09 ] 移植1年目 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

直通メールです。          公開されません。         お気軽にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。